ストップ お粗末工事

ストップお粗末工事、私たちクールアースは、太陽光発電システム・オール電化機器は、お客様の財産と考えます。

ここ最近岡山県内で、インターネット販売業者及び電話勧誘業者のお粗末工事が増えています。

≪以下のようなケースに注意して業者に確認を!!≫

 1凍結防止策としてどの様な事を行ってくれるのか?!

  ≪露出部分はあるの?! 露出部分の配管はパイカをまいてくれるの?!≫

 2.生活雑排水用マスなどを使用する場合。

  ≪ドレン水などの排水処理はどの様にしてくれるの?!≫

 3.簡易コンクリートベースを当日その場でレベルを計っただけでとりつけ、エコキュートを設置の場合

  ≪簡易ベースはどうやって固定するの?!≫

 

上記の様な事は必ず事前に業者に確認して下さい。

エコキュートタンクは、本体重量 約100kg近くあります。(空の状態で)ここに水をはると 500kg前後の重量に変化します。

8年保証、10年保証をうたっている業者様が多く見うけられますが、基礎コンクリート打ちを行わず、簡易コンクリートベースを、設置・施工してしまうと地震時に、エコキュートタンクの重量で傾き、配管をひきちぎってしまう危険性があります。

又、地盤沈下などの症状により同じ様な危険性が予測されます。

もしエコキュートが転倒してしまう地震などのケースでは8年保証、10年保証では修理を受けることができません。

だからこそ基礎になるベース工事が大変重要なのです。

又、ドレン水などの排水処理を通常は雨水マスなどを使用しますが、生活雑排水などのマスを使用しているケースを見受けます。

マス内でエルボーを使って、トラップ処理をされていればまだ良いのですが、マス内で管がむき出しといったケースもあります。マス内で発生しているガスが逆流し、エコキュート・ヒートポンプを逆流したガスが腐食させ故障の原因となります。こちらも8年・10年延長保証の対象外となります。

あるいは、県北部など気温が低い地域などで給水管に保温材をまかないといったケースから凍結し、破裂した事例も確認されています。

又郡部へ行くと井戸水を使用されているご家庭をお見かけいたしますが、井戸水をエコキュートに使用した場合、それが原因で壊れたと認められる場合はこれも保証の対象外になります。

私どもクールアースは、太陽光発電システム・オール電化はお客様の財産と考え、安心していつまでもご利用頂ける様社員一同、全力をつくして施工にあたらせて頂くと共に、お客様をお粗末工事の被害にあわれない様、情報発信につとめてまいります。

 

当社エコキュートベース工事は以下の通りです。

型枠を組み鉄筋メッシュを2層に組み入れ、住宅基礎部分には、差し金を打ち込み、鉄筋メッシュと接続します。

コンクリートを流し込み700mm×800mm厚さ200mmのエコキュート専用ベースを完成させます。

▲このページのTOPへ